就職活動の面接対策、面接方法、仕方、面接の質問事項や内容などを出し惜しみなく公開中!

【就職面接の受け方】一次面接の質問・マナー > 質問内容の対策法 > 面接マナー、面接の受け方、仕方

質問内容の対策法

面接マナー、面接の受け方、仕方





基本的な面接のマナーを時系列でみていきましょう。
面接は緊張するので、いくつかの外してはいけないポイントだけ、
しっかり押さえて臨みましょう。



【場面 Р饉劼鯔問する】

面接の時間に遅れることは何としてでも避けなければいけません。
遅刻は、その時点で大きなマイナスです。

30分前には会社の近くに着くイメージでいきましょう。
そして、15分前には受付けを済ませます。

時間に焦って「ギリギリに間に合った。」というような面接は、
心の準備ができていないので、落ち着いて話せずに良い結果につながりません。

その時の心の状態は、面接の場で必ず出るものです。
時間にゆとりを持って、ゆったりとした気持ちで面接に望みましょう。
この心のゆとりがとても大切です。

交通機関の遅れなどで遅刻する場合は、
遅刻することがわかった時点で、すぐに会社に連絡しましょう。


しかし、本来はそのような遅れも事前に想定しておく必要があります。
基本的には、言い訳になると覚悟しておきましょう。
優しい会社であれば、考慮して後に回してくれることもあります。

冬場にコートを着ている場合は、入る前に脱いでおきます。

image5.jpg


【場面◆面接の受付】

面接は会社に入ったときから、受付けの時から始まっています。
自分の名前をはっきりと伝えましょう。

社内ですれ違う人には、会釈して挨拶することを忘れてはいけません。
社内で出会う方は、全員、面接官の感覚でいきましょう。


またもう1つ大切なのは、
あなた自身も面接官以外の社員の方の対応を、しっかりと見ておくことです。

面接以外の場所は、あなたも、そして会社側も気を抜いている時です。
そんな時こそ、本音というか、普段の姿が見えるものです。

社員の立ち振る舞いから、その会社の社風を垣間見て下さい。
面接のような取り繕ったところだけでは見られないものが見えてくるはずです。


これから面接という時に、なかなかそこまで余裕はないかもしれませんが、
ぜひ意識してみてください。


【場面:面接までの待ち時間】

携帯電話の電源は切っておきます。
面接本番で鳴ったら、それだけで評価が下がります。


たばこの喫煙が可能でも、ここは遠慮しておきましょう。
荷物はテーブルなどにおかずに自分の足元に置いておきます。

めったにないと思いますが、
お茶などを出して頂いても、勧められてから飲むようにしましょう。


【場面ぁ面接会場に入室する】

ノックは3回です。
(2回のノックは、トイレ用になります。)
「どうぞ」と呼ばれてから扉を開けます。


この扉を開けてから、着席までの10秒。
この10秒の間に、面接官は学生の第一印象を決定します。

なので、ここは序章ではありません。
ある意味、面接におけるクライマックスの時間かもしれません。
そういう気持ちでこの10秒を心して望みましょう。

第一印象というのは、あなたの生き様が全てでるので、
一朝一夕に変われるものではありません。

しかし、とにかく1点だけ、
意識するだけでその場で変わることができるものがあります。


それは、歩き方です。

背筋を伸ばして、胸をはり、堂々と歩きましょう。
たくさんの事は意識できませんので、これだけは覚えておきましょう。


【場面ァ着席してから】

ここで注意したいのが、座るといきなり猫背になる人がいます。
さっそうと歩いてきた、そのままの流れで、背筋はピンッと伸ばして座りましょう。
何人も並んでいると比較できますので、姿勢はすごく目立ちます。

面接中、自分以外の人が話している時は、
真っ直ぐ面接官の方に視線をおきます。
適度に相槌を打ってもいいです。


他の人が話している内容はとても参考になります。
今後の面接対策に必ず活かせますので、他の学生がどんな会話をしているのか、
「その時の面接官の反応はどうか?」というのを、しっかりと観察しておきましょう。

自分が話すときは、面接官を真っ直ぐの視線で見ます。
複数面接官がいる場合は、均等に目線を合わすようにしましょう。
このような心配りが、余裕と自信を感じてもらえます。


目線というのは、非常に大きなメッセージを人に与えます。

「下向き」→控えめ、自信がないイメージを与える。
「上向き」→にらむと批判的なイメージ。
「目を左右に動かす」→目を動かしすぎると神経質な印象。
「目を閉じてそらす」→会話中に視線を外されると、相手を拒否している印象。


このようなイメージを与えることがないように、
面接官に目を真っ直ぐに合わせて、あまり視線をそらさないようにしましょう。

面接といっても基本は、会話のキャッチボールですから、
普段、誰かと話をする何気ない会話と変わりません。
その際、目線を全く合わさずに、会話中もキョロキョロと他に視線をそらされるのは、
あまり気分の良いものではないですよね。

話し方にも注意が必要です。

普段、友人と話しているノリで話すと当然NGです。
特に面接の場で気をつけたい必ず話す、最重要ワードを3つあげておきます。

自分→わたくし
相手の会社→御社(口語)・貴社(文語)
すみません→申し訳ございません



【場面Α退出】

ここも入室と同じくらい大切です。

面接でのやり取りがどれだけ上手くいかなかったとしても、
落ち込んだそぶりは、微塵も見せてはいけません。

心は凹んでいても(面接はそんなことが多いです。)、
さっそうと堂々と歩いて退出しましょう。

扉の前で、再度、お辞儀をします。
ここが最後のアピールポイントと思い、渾身のお辞儀をして終わりましょう。

【面接対策の50%は自己PRで決まる!】
管理人が運営する1日平均3000アクセスを超える、
大人気就職支援サイト「かかってこい!自己PR」。
自己PRの作り方を5つのステップでご紹介。アルバイト編、サークル編、留学編など、
テーマ別にわけて例文を150以上掲載しています。
↓↓↓ スマホ画面対応サイト
pr.jpg