就職活動の面接対策、面接方法、仕方、面接の質問事項や内容などを出し惜しみなく公開中!

【就職面接の受け方】一次面接の質問・マナー > 質問内容の対策法 > 就職面接で聞かれることの質問内容

質問内容の対策法

就職面接で聞かれることの質問内容





ここでは一次面接などでよく聞かれる質問内容とその対策をご紹介します。

image6.jpg
よくある質問1:
「自己PR(自己紹介)して下さい。」


この質問をされない面接はないでしょう。
それだけにこの質問に対する答えは洗練させておく必要があります。
面接においては、自己紹介も自己PRと同じ意味です。

就職面接における自己紹介は、一般的な自己紹介とは当然違います。
一般的に「自己紹介して下さい」と言われたら、出身地や趣味などを話しますが、
就職面接ではあなたが今までどのような事に一生懸命取り組み、
その中でどのような長所を発揮したり培ったかを教えて下さいというものになります。


「自己PR」「自己紹介」に関しては、下記のグループサイトで、
そのテーマだけに特化してまとめていますので、是非合わせて読んでみて下さい。
「かかってこい!自己PR(例文)」


よくある質問2:
「なぜ当社を志望しますか?」


いわゆる「志望動機」といわれる質問です。
志望動機は2段階にわけて考えると良いです。

1段階目は、「なぜその業界なのか?」です。
基本的には志望する企業は何かの業界に属していると思います。
(「保険業界」「建設業界」「旅行業界」とか)
まずは、その業界をなぜ目指すのかを考えておきましょう。

そして2段階目は、その業界の中でも、
「なぜその会社なのか?」というところまで考えます。


例えば保険業界であれば、「第一生命」ではなく、なぜ「日本生命」なのか
というところまで志望動機を煮詰めていくことです。

この2段階で考えることなしに、いきなり「なぜその企業なのか」というところまで
踏み込んで考えるのは難しいものです。

「志望動機」に関しては、下記のグループサイトで、
そのテーマだけに特化してまとめていますので、是非合わせて読んでみて下さい。
「かかってこい!志望動機(例文)」


よくある質問3:
「自分をどのような人間(性格)だと思いますか?」


これは自己PRの延長のような質問ですが、1つ気を付けたい点があります。
それは、長所だけを並べ立てないことです。

いかに自分自身を客観的に見れているかも、社会人として大切な要素です。
長所をメンイに展開しながらも、少しだけ自分の短所にも触れましょう。

ただ、短所を話すと言っても、仕事人としては短所としてしか受け取られない
ものを挙げてはいけません。(約束を守れないとか、忘れ物が多いなど)

そして最後はその短所を克服する姿勢を見せることも忘れてはいけません。


よくある質問4:
「学生時代に何を頑張りましたか?」


自己PRの補足、自己PRで伝え切れなかった部分を話す機会です。
自己PRとは少し趣向を変えてみるのもいいです。

例えば「失敗談からの学びのエピソード」なども有効です。
頑張ってきた活動には必ずといっていいほど、失敗はつきものです。
何も失敗がなかったなら、それは頑張った活動とは言えないぐらいです。
失敗からどのように対処し、精神的に成長したかをドラマチックに語りましょう。


よくある質問5:
「当社で就きたい職種は何ですか?どのような仕事をしたいですか?」


志望動機の補足的な質問です。
この質問の前に既に、志望動機を問われている場合は、
もっと突っ込んで志望動機を話す必要があります。

具体的な職種を挙げ、「なぜそれをしたいのか?」
また、その職種でやってみたい斬新な企画があれば、とてもいいですね。

あなたのその仕事への本気度を確認する質問です。


よくある質問6:
「尊敬している人は誰ですか?」


回答としては、誰でもOKです。名前は問題ではありません。
歴史上の偉人や、両親や恩師、誰でもかまいません。
大切なのはその方の何に惹かれているかの説明部分であり、
その理由を自己PRや志望動機につなげて話す必要があります。


よくある質問7:
「愛読書を教えてください」


これも本のタイトルは何でもよいです。
ただ、漫画本は少し注意が必要です。
面接官は漫画を読まない人が多いので、共感を生みにくくします。
なぜその本が好きなのか?その本から何を学んだのか?
1つの本から得られる洞察がどれだけ深いかをみられる質問です。


よくある質問8:
「なぜ業界1位の○○会社でなく、業界○位の当社を志望するのですか?」


志望動機の延長の質問です。
面接が進んでくるとよくされる質問になります。

1次面接では「なぜこの業界なのか?」という点に、
答えられれば良かったのですが、面接が進むと、
「なぜこの業界の中でも、当社なのか?」まで答えられなければいけません。


ここでは、使い回せる志望理由ではなく、
その企業にしか使えないオンリーワンの志望動機が必要になります。
あなたなりの志望企業への判断軸に照らし合わせて、その会社こその理由を答えましょう。


よくある質問9:
「希望する職種に就けない可能性もありますが、大丈夫ですか?」


もちろん大丈夫と答えなければいけませんが、
その理由もしっかりと明確に答える必要があります。

これは人それぞれ価値観の違いがありますが、私はどのような仕事であれ、
特に若いうちは勉強のために全てを必然として受け入れても良いと思います。
もちろんその先にやりたいことをやるための肥やしだという気持ちで。

【面接対策の50%は自己PRで決まる!】
管理人が運営する1日平均3000アクセスを超える、
大人気就職支援サイト「かかってこい!自己PR」。
自己PRの作り方を5つのステップでご紹介。アルバイト編、サークル編、留学編など、
テーマ別にわけて例文を150以上掲載しています。
↓↓↓ スマホ画面対応サイト
pr.jpg