就職活動の面接対策、面接方法、仕方、面接の質問事項や内容などを出し惜しみなく公開中!

【就職面接の受け方】一次面接の質問・マナー > 周辺の対策法 > 面接とスーツ

周辺の対策法

面接とスーツ





面接では第一印象を大きく左右する、外見はとても大切です。

そういう意味で、面接に着て行くスーツ、
服装や髪型などにも多少の気を使わないといけません。

面接の時は座って行われるので、面接官から足元は良く見えます。  

 ”足元を見られる”という諺があるように
靴下の色や靴が汚れていないかは気をつけましょう。

就職活動中はあんまりオシャレを個性だという感覚はやめときましょう。

会社には20代〜60代まで、いろいろな価値観と感覚をもった人達がいます。
わたしたち20代の感覚とは基本的に違うと思った方がいいでしょう。

服装は確かに個性です。

ただし、あなたが面接でアピールするのは、”あなた自身”です。
あなたこそ最高のブランドです。  

変に誤解される可能性が少しでもあるなら、
それは面接という場ではやめときましょう!

もったいない事この上なしです。

そのような”したたかさ”はある意味、社会人にはとっても大切です。