就職活動の面接対策、面接方法、仕方、面接の質問事項や内容などを出し惜しみなく公開中!

【就職面接の受け方】一次面接の質問・マナー > 周辺の対策法 > 面接辞退、断り方

周辺の対策法

面接辞退、断り方





複数の企業を受験していると、面接を辞退しなければいけない局面もでてきます。

これはある意味しかたのないことです。
ではどのように面接を辞退すればよいかというと、

もしあなたがその会社を既に受験する気がないのなら、
電話で会社側にその旨を伝える必要があります。

もちろん面接をすっぽかしても、面接を辞退することはできます。
しかし、それは社会人になる人の行動ではありません。

厳しいようですが、そのような辞退の方法をとることは、
たとえその時は、それで乗り切れても、
その後の社会人生活を円滑に進めることは難しいでしょう。

そんな些細なことが、実は本当に大切なことなのです。

面接で受験する会社というのは、今後2度と会うことはないような、
一期一会の出会いではありますが、
その出会いを誠実に、筋を通しましょう。

断り方は、正直に話せばよいと思います。
「第一志望の会社に内々定したので」で、充分です。

もしあなたがまだ受験していく意志があるのなら、
だめもとで面接の日程変更をお願いしてみましょう。

もし懐が深い会社であれば、日程変更してもらえるかもしれません。
その時の理由は、必ずしも正直に言う必要はありません。

何か採用とは全く違う理由を出してもいいと思います。

嘘をつくことは良くないです。
しかし、「嘘も方便」という諺もあるように、
時としてその方がお互いをスムーズに運んでくれる嘘もあるわけです。

正面きって「御社は第一志望ではなく、第二志望なので」と言われると、
なかなか「そうですか、では第二志望でも良いので、面接を受けてください」とは、
言えないところもあるわけです。

そのあたりは、相手の気持ちも汲んで、
別の全くプライベートな理由でも良いので、日程変更を願い出てみてください。

ただし、これはあくまでも駄目でもともと、ぐらいの気持ちでお願いしましょう。