就職活動の面接対策、面接方法、仕方、面接の質問事項や内容などを出し惜しみなく公開中!

【就職面接の受け方】一次面接の質問・マナー > 内定コラム > 面接官ってどんな人?

内定コラム

面接官ってどんな人?





面接官ってどんな人なのでしょうか?
ちょっと考えてみたいと思います。

面接官は受験者を評価し、合否の判決を下す裁判官。
多くの人の見方ではこのようなイメージが強いのではないでしょうか。

確かにこのような側面は面接官にはあります。
しかし、そう考えてしまうと面接官との距離に大きな壁を作ってしまうものです。

こう考えてはどうでしょうか。

面接官は自分たちの両親と同じくらいの年齢です。
特に面接が進んできて、最終面接にも近くなればなるほど、
50代ぐらいの面接官が多くなると思います。

だいたい私たちの両親と同じくらいの年齢ですよね。

そうなのです。

面接官もただ1人の「イケテナイおやじ」であり、
家に帰ったら、普通の人なのです。

娘と話がしたくても、何を話してよいのかわからない、普通の人なのです。
社会では面接官という役割を担っているにすぎない、1人の人間なのです。

私たちの両親となんら変わりません。
同じような思考回路です。

そう考えると、ご両親からのアドバイスも馬鹿にできませんよね。
年齢が近いだけに、価値観や考え方、
ものの見方が似ているだけに、ともて参考になります。

面接官は特別な人ではなく、あなたの両親と同じように普通の人間。
そう考えると、面接官との間に変な壁を作らずに、
もっと自然な会話の中で面接という時間を過ごせるのではないでしょうか。

面接官もひとたび休日になれば、
「お父さん、ごろごろ部屋でテレビばっかり見てないで、たまには外に出て下さい。」
なんて、お母さんに小言を言われている人なのです。